株式会社セーフティネットのストレスチェック

株式会社セーフティネットのストレスチェック

株式会社セーフティネットのストレスチェック 【株式会社セーフティネットが開催するストレスチェック】
従業員数50人以上の事業所に対しストレスの実施を義務付けた改正労働安全衛生法は2015年12月1日に施行されます。法律で定められたもので企業はこれに対応する必要があります。
改正法で規定されるストレスチェック義務化のポイントや当法律に則った株式会社セーフティネットのストレスチェックのポイントについてご紹介します。

【ストレスチェックの概要について】
ストレスチェックは実施の時期、対象人数、受検人数、面接指導の実施人数といった項目を労働基準監督署に報告しなければなりません。
集団分析とその結果を踏まえその必要があるとみとめるときは、当該労働者の心理的負担を軽減するための適切な措置を講ずるよう務めることが求められています。
最近のレポートでは労働者の60%の人がストレスを抱えながら仕事をしてるようで、その数割の方がうつ病にかかってしまっているそうです。
こうした労働者の負担を軽くするために法改正を行い、社員が働きやすい環境となる社会を構築するためにも、従業員が50人以上の規模の企業へのメンタルヘルスチェックを義務化する事が決まりました。
ストレスチェックは健康診断と同じ様1年に1回実施することが義務づけられています。

最新記事