株式会社セーフティネットのメンタルヘルスとは

株式会社セーフティネットはメンタルヘルスの提案をする会社です。
2015年12月1日からストレスチェック制度が義務化された為に、50人以上労働者がいる事業者は年1回以上ストレスチェックを行わなければなりません。その為には色々な事前準備が必要ですし、検査後は本人から申し出があれば医師との面接指導の設定をしたり、必要があれば就業上の措置をとらなければなりません。
対応すべき事が非常に多いので、自社だけで行うのは大変になります。

そんな時に株式会社セーフティネットがお役に立てるでしょう。
厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査」というものは57項目もあり、担当者の方にとっては負担になる業務であると思います。この調査の実施から面接指導まで株式会社セーフティネットが行いますので業務の軽減につながります。

まず導入するにあたってのポイントとしては、検査・面接の指導が安心して受けられるような環境を作らなければいけません。
チェックの結果は本人の同意がないと事業者には提供してはいけない事や、検査の事務をした人には守秘義務がある事などプライバシーへの配慮も重要な事です。面接指導をしてほしい時に気楽に申し出が出来る環境にする事も大切です。
面接指導などを通じて個人に合った改善措置を考えていかなければなりません。そしてメンタルヘルスに支障が出ることを未然に防ぐ事で働きやすい職場が出来ていき、それが生産性の向上にもつながります。

株式会社セーフティネットではストレスチェック実施の時以外でも、いつでも相談出来る充実したサービスを提供しています。それを「何でも相談」と呼んでいるのですが、メンタルヘルス・健康だけでなく家庭の事・職場の事・プライベートの事など何でも相談してもらって、24時間サポートしています。
メンタルヘルスの相談窓口を24時間体制にしているのは株式会社セーフティネットのほか、少数のEAP企業だけです。
1人で考えていると堂々巡りになったり、落ち込んで辛い時などに話を聞いてくれる人がいれば乗り越える事も出来たりします。
その他にも「アウトバウンド型カウンセリング」と呼んでいますが、ご本人の同意の上でカウンセラーから直接電話をかけるカウンセリングサービスを行っています。
たとえば配置転換などでストレスを抱えそうな方に対してメンタルチェックをしフォローしていきます。社内スタッフのメンタルヘルスの向上に力を入れるのであれば、株式会社セーフティネットをお勧めします。