株式会社セーフティネットでストレスチェックを行う

2015年12月1日より、労働者のストレスチェック制度が義務化されているのをご存知ですか?これは労働安全衛生法の一部改正にともなって義務化されたもので、ストレスの多い現代社会ならではの制度でもあります。このストレスチェック制度は労働者が50名以上いる全事業所が対象となっており、年に一回以上の実施が義務付けられています。ストレスチェックによって高ストレス者と判定された従業員は本人の申し出があれば、事業所は医師による面接指導を設定しなければなりません。その医師の意見を勘案し、必要がある場合には従業員の職場環境の変更や、労働時間を短縮するなどの措置を行わなければなりません。

ストレスチェックを実施するにあたって、事業所は入念な事前準備をしなければいけません。さらにストレスチェックの結果は被験者の同意がなければ事業所へ提供してはならないことや、検査を実施をした者には守秘義務があるといったプライバシーへの配慮が必要になるため、事業所のみでストレスチェックを行うというのは負担が大きいのです。
株式会社セーフティネットではそんな負担の大きいストレスチェックを事業所に代わって実施してくれる会社です。株式会社セーフティネットではストレスチェック実施前の事業所による方針の説明や調査審議、労働者への説明を事業所に代わって行ってくれますし、ストレスチェックの実施までを円滑に行ってくれます。

さらにただ実施するだけではなく、ストレスチェックの結果を事業所を通さず直接労働者に通知してくれます。高ストレス者には相談窓口の利用などでのセルフケアをしたり、事業所への通知に同意の有無の確認やその後の医師への面接指導までもスムーズに対応してもらえます。事業所が独自のやり方でストレスチェックを行うと、高ストレス者へのその後の対応など適切な対処方法が分からないことも多いと思いますが、株式会社セーフティネットを利用すれば充実したサポートを受けることが出来ます。

また株式会社セーフティネットは会員に対し24時間体制でカウンセリングを受けることが出来る、なんでも相談を行っています。なんでも相談とはその名の通り、職場や家庭、離婚や借金についてのトラブルなどご自分が抱えている悩みをなんでも相談できる窓口です。会員は電話やメール、面談といった方法で24時間いつでも相談することが出来ます。相談センターには様々な専門分野のカウンセラーがいるので、どんな悩みにも対応してもらえます。誰にも言えなかった悩みを打ち明けることで、メンタルケアにもつながりストレスを軽減することにもなりますので、こちらは是非利用したいサービスの一つです。

株式会社セーフティネットを利用して労働者のストレスをなくし一生懸命仕事をしてもらうことは、企業の利益にもつながります。是非一度株式会社セーフティネットを利用されてみることをおすすめします。